京都・梅小路公園へ家族やデートで行くなら

ユニークカフェやお土産屋さんがある市電広場

 

梅小路公園内には市電広場というところがあります。

京都市電は、明治45年6月11日、烏丸線、四条線、丸太町線、千本大宮線の4路線で営業を開始し、昭和53年9月30日まで京都市内の主たる交通機関として活躍しました。
歴史に幕を閉じた今でもここ梅小路公園では憩いの場として活躍しています。
そして活躍の仕方もユニークなんです。

 


 

市電カフェ

 

 

実はこの電車、中はカフェになっているんです。
中はこんな感じ

 

メニューはジュースやビールもありますし、かき氷やソフトクリーム、ホットドッグやポップコーンなどの軽食もあります。
そして、オリジナル商品でお土産にも人気があるのが、
カタカタつりわパン 1個 250円
          5個 1200円

 

市電カフェの向かいには

市電ショップがあります。

 

 

中にはお土産がずらり!

 

電車好きな子供には誘惑いっぱいの商品から、京都土産まで色々と売っています。

 

市電広場もなかなか楽しくて、少し一息つくのにもってこいなレトロな空間です。

 



スポンサーリンク